医療事務とハローワーク

介護ロボットと資格

今後は介護にも様々な技術が参入してくることでしょう。

数万円程度

介護ロボットは増産されているようですが、何事もメリットだけではありません。
やはりお値段が高額。
今はまだそこまで普及していないこともありそれも影響しているのですが
高価なものだと数百万円してしまうものもあるようです。しかしこれは本当に「ロボット」という形のマシンのみでしょう。
癒し系介護ロボットと呼ばれることもある人形ロボットであれば
数万円程度で手に入れられるものもありますから
そのロボットのシステムや役割によって値段は大きく変わってくるものといえます。
ただ、これから先はどんどん低価格化に向かっていくはずです。

従業員を雇う

このように社会保険の切り替えが必要になった場合にはこの証明書を持って
それぞれの役所に行き、手続きを行う必要が出てきます。
自分自身が出向く近くに存在している役所ではこの証明書の書式、あるいは書式例が用意されています。
ただし、必要事項が記載されていれば、それを必ず使用しなければならないわけではありません。
ただ、会社としては従業員を雇う以上は必ず必要になってくるので

事業者はあらかじめそれに準じた書式を用意しておくといいでしょう。

自身が勤めていた会社に問い合わせるのもいいですが
恐らく役所に問い合わせた方が正確な情報が得られると思います。
もし難しいなら電話で問い合わせを行ってから出向くと忘れ物となくなるだろうと思います。
健康保険の被保険者ではなくなったという重要な証明となるので
正確な情報が記載されたものを発行してもらうようにしてください。

厚生労働省:「介護福祉士」資格取得を目指す離職者訓練の受講生募集

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/03/h0311-1.html

Googleの介護資格のハローワークの検索結果

https://www.google.com/search?hl=ja&site=&source=hp&q=%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E8%B3%87%E6%A0%BC+%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF&btnK=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

参入企業

世の中にもっと認知されれば、そして介護保険の福祉用具の対象となれば
非常に手頃な値段で購入できるようになりますし
さらに大量生産されることで確実にコストが下がってきますから
本格的な介護ロボットでも10万円程度で手に入れられる時代がすぐにやってくるでしょう。
そうなると介護保険料がかさみ国の財政を圧迫するという問題は出てくるでしょうが
その介護ロボットが世界に輸出されてそこで各参入企業が利益を上げれば
これはまた経済にとっては良いサイクルが生み出されるのではないかと期待もされています。
介護を必要としている人にとっては待っていられない状況なので
人によって受けられるサービスに差がないように、介護ロボットの値段については政府がいち早く対応するよう願うばかりです。

介護ロボットと資格関連ページ

介護職員初任者研修の費用
少しでも将来性のある資格を格安で受けたいところですよね。