ホームヘルパー

ホームヘルパーと介護福祉士

ホームヘルパーや介護福祉士の仕事は難解ではありません。しっかり資格を取りましょう。

国家試験

ホームヘルパーと介護福祉士の違いについて考えてみましょう。
その前にホームヘルパーが国家資格だと思っているのであればそこで情報が混同してしまっている可能性があります。
ヘルパーは認定資格といって特別な試験を受けなくても取得することが可能なのです。
もちろん国が定めた講習を受ける必要がありますが
それを受けさえすれば訪問介護員と名乗ることができてしまいます。
一方、介護福祉士は立派な国家資格。国家試験を受けてこれに合格しなければなりません
(養成施設を卒業することでもこの資格を取得可能。

介護保険

介護保険とは、誰もが最期まで健康でありたいと願ってはいるものの、高齢になると病気になったり
寝たきりになったり、認知症になったりと介護が必要になることがあります。
そのような状態になった場合、家族の力だけで介護をすることができないことがあるでしょう。
普通は、誰かのサポートがないとやっていけません。介護を必要とする人が
最期まで自分らしく日常生活を送ることができるように、介護や支援サービスを受けるにあたって
当人や家族の負担を減らすことができるように
社会全体で助け合っていこうと生まれたのが介護保険です。

早めに受講

しかしこの優遇処置も廃止が検討され、いずれは全ての人が国家試験を受けなければ資格を取得できなくなります)。
まずはこのような資格の違いが挙げられます。
介護福祉士はヘルパーと比べると仕事の内容や働ける場所が格段に増えます。
1級との差がないと言われることがありますが、やはり国家資格だけあって給与も良いですし
現場においては非常に重宝される存在でしょう。
この介護の資格等に関する制度は今めまぐるしく変化しており
まさにその過渡期にある状態。制度変更する年度やタイミングも引き延ばされたり
または内容が一部変わったりなど非常に混乱を見せていますが
介護の仕事や資格が重要さを増してくることには違いがありません。
ですから将来が不安、先が見えないという方はこちらの資格が適切でしょう。

ホームヘルパーと介護福祉士関連ページ

介護職員基礎研修のメリット
この介護職員基礎研修を受けることで得られるメリットというのはどういったものがあるのでしょうか?