介護職員基礎研修と試験

介護職員基礎研修と試験

介護職員基礎研修の定期的に行われる試験に関して。

簡単に資格を習得

介護職員初任者研修を受講することによって介護に関する知識と技術が身に付き
また、介護現場においてもそれを十分役立てることができますが
例えば看護師のように国や自治体が行っている試験というものは実施されていません。
このような試験を受ける必要はなく
介護職員初任者研修の受講を修了した時点でその任用資格が与えられると考えておきましょう。
しかしこの研修に必要なカリキュラムは決まっており、それを修了した後には
それぞれのカリキュラムに対してどの程度理解度を深めているか
また、知識とを有しているかなどの確認のために評価試験と呼ばれるものが実施されます。

介護福祉士

年収が安いところではサービス残業が日常化しているようで
逆にそれなりに貰っているところでは残業代がしっかりと出ている傾向が見られます。
現場で経験を積みながら介護福祉士などの資格を取った介護士の中にも
実際には給料に反映されなかったと嘆く人もいます。
これは働く場所を上手く見つけられるかどうかにもかかっているのではないでしょうか。
幾ら社会の為に、あるいは人の為に働いているという自負があっても
お給料があまりにも低ければ身も心ももちません。
満足・納得した上で介護士として働きたいのであれば良い職場を見つける努力も必要なのでしょう。
あるいはどれだけその仕事にやりがいを見つけられるか。
介護の現場で働き続けるのであればこのどちらかしか選択肢はないのかもしれません。
そうなければ難しい問題が直面しますが、やはりしっかり資格が取れるまで頑張りましょう。
介護事務 資格

試験会場について

運転免許センターで行われる試験ではなく
それぞれの自動車教習所で行われる試験のような感覚と言えばわかりやすいかもしれません。
運転免許と違い、介護職員基礎研修には運転免許センターのような場所での試験はないということになりますね。
この評価試験の問題の一部はネット上に公開されているので、修了時に備えて参考にしてみるといいでしょう。
資格試験のような性質はないとはいっても、ある一定基準に満たなければ修了するに値しないとされてしまうので
それなりにハードルが高いことには違いありません。

介護職員基礎研修と試験記事一覧

介護職員基礎研修のメリット

介護職員初任者研修は公的な試験を受けることなく取得できる資格であるという点に関しては大きなメリットを持っていると言えるでしょう。介護福祉士までには至りませんがホームヘルパーの各級と比べると介護に携われるレベルが上がるのがこの介護職員初任者研修を受けるメリットです。既にホームヘルパーの資格を有している...

≫続きを読む

ホームヘルパーと介護福祉士

ホームヘルパーと介護福祉士の違いについて考えてみましょう。その前にホームヘルパーが国家資格だと思っているのであればそこで情報が混同してしまっている可能性があります。ヘルパーは認定資格といって特別な試験を受けなくても取得することが可能なのです。もちろん国が定めた講習を受ける必要がありますがそれを受けさ...

≫続きを読む